スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人に 教えるとおりに 自分でも 行なえ)

ママから 孫の ピアノの風景が送られてきた。


140911-1写真

写真.JPG









お手伝いの お坊さんに 気がついたことをいう。

『般若心経を 読むときは もっと口を 開いて
拝んだ方が いいよ』

『願文は ゆっくりと。
僧侶が 仏に 参拝者のお願いを お取次ぎするときに
何を お願いしているか 依頼者にも 分かるように』

『僧侶は 仏さんへの お取次ぎをするのが 仕事で
決して 自分が 仏になっては いけない』

その 本人が その人たちに 顔向けができない
とんでも無いことが 起きた。

丁度、その日は 住職が スリランカに お参りにいっていて
お手伝いの お坊さんも 手薄となって
わたしまで 現場に 駆り出されたのだ。

『よしきた ! 昔取った杵柄』

若あゆが 跳ねるがごとく お経を拝み 太鼓を たたき
お話を させていただいた。

ところが その間に 寺での法事がはいり ( 寺法事 )
鉢をついて 拝むことになった。

仏と わたしと ご家族とが 1つになり
愈々、ご本尊の 真言を唱えて 終わる直前になって
わたしが 咳き込みはじめたのだ。

お手伝いのお坊さんや 寺のものや ご法事のかたが
驚いて 右往左往した。

ところが 咳を止めようと 焦れば あせるほど
席は 延々と 続くのだ。

『心配ありません。
これは 代替わりをしてから
喉を鍛えてない 証拠です。

もっと もっと 拝みなさいと
本尊さんに 叱られているのですよ』

喘息のように ヒーヒー喘ぐ 青息吐息の中で
蚊の鳴くような声で それだけ 言った。



140911-2image.jpeg

image.jpeg










ママから 送られてきた 動画は
孫の ピアノの 練習風景だった。

《 アナ と 雪の女王 》

お上手ではないが とても 上手だ。
お盆休みに 小豆島に 帰ってきたときに弾いたのとは
段違いに 上手に なっている。

『ピアノ塾で 先生について 練習を重ねて、
帰ってきたら 鬼のママが 納得するまで 弾かされる。
上手にも なりますわ』

姉たちの 談話である。

しかし その後の言葉に 驚いた。
ママたちも 一通り ピアノは レッスンしてきたが
もう 何十年か 鍵盤を叩いていない。

姉たちからの 情報では

本人が 娘を指導するにあたって
納得いくまで 自分で 練習をするそうだ。

孫の ピアノの上達よりも
ママの 誰しらぬ 努力の方に 驚かされた。


140911-3image.jpeg

image.jpeg





経典の 中に
【 他人に 教えるとおりに 自分も 行なえ】
という 教えがある。

しかし これは
【云うは易し しかし 行うは難し】で、
では やってみなさい となると
中なか出来ることでは ない。

親鸞も
『浄土を 論ずるもの 常に 多けれど
その 要をえて 直ちに おしうるもの
あるいは 少なし』

『善知識 ( よきひと ) に あうことも
教うることも また かたし
よく 聞くことも かたければ
信ずることも なお かたし』
と云う。

教えを しっかりと 人に伝えることもむつかしく
しっかりと 教えに 耳をかたむけることも 難しく
それを 信ずることは それよりも むつかしい。


わたしの 失敗は あれを ああやって こうやって…
頭のなかでは 理路整然と 分かっているのだ。

ところが 自分で いざ やってみると
実力や 条件が そこまでに 達しておらず
大失敗を するのである。

ママの 場合は 素晴らしいね。

みなさんも どう?

社長室で 踏ん反り返って 命令だけする社長と
自分も 作業服をきて 泥まみれになって
ああもしてみよう こうもしてみよう
という 社長が 居たならば

どちらの 社長に ついて行くだろうか?
合掌






iPadから送信


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。