スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 独坐 大雄峰 】




141130-1写真


大先生に ついて【四柱推命】を勉強はじめて
もう 5年がくれ 6年目にはいる。

その中に 【比肩】【劫財】という言葉が
出てくる。

これを【自星】と いって 持って生まれた
わたしたちの 運命だ。

独立心があり 意思強固、負けず嫌いと
素晴らしい 星ではあるが

【自星】が 強すぎると 自我が出はじめ
他人の いうことに耳を 傾けず
自己主張 激しいため 対人関係の
不和や 衝突を まねく。

当然、比肩 劫財の 強い人は
共同経営に 向いておらず
自分が 自分の思い通りに 舞がまえる
自営業が 向いているのだ。

反対に 自星 ( 比肩 劫財 ) を
命式中に 持ってない人は
優柔不断で 自己主張が できない人だ。

自分の しっかりした 意思がないものだから
まるで 水のごとく 人が 揺さぶる方向に
あっちにいったり こっちにきたり する。

僅かの 間に 【四柱推命】
良い お勉強に なったでしう。


141130-2image.jpeg

image.jpeg







中国の 唐の時代に 百丈懐海という高僧がいた。

丁度、空海や 最澄が【遣唐使】の 1人として
入唐したのだから その頃の僧侶だ。

彼は あるとき このような 質問を受けた。
『 いかなるか 是れ 奇特のこと』

是れに ついて 懐海は このように 返す。
『 独坐大雄峰 』

[ 奇特 ]とは 素晴らしい 有難いとか
いった 意味である。

故に
『ほんとうに 素晴らしい事とは なんだろう?』

との 質問だ。

それに このように 答えた。
『 わたしは こうして 大雄峰に
泰然自若として どっかり 座っているよ。
これほど 素晴らしいことが 他に あるだろうか』

世間の こまごまと したことには
耳を傾けず 大岩の如く どっしりと座りなさい。

そのように 教えられた。

よく考えてみれば
わたしたちは キョロキョロ ウロウロ
世間の 目ばかり気にして 生活している。

『わたしは
多分 相手がこのような 答えをだすだろうと
想定して このように 言った』

と、自慢そうに いう人も
つまりは 相手を 意識しているのだ。



141130-3image.jpeg

image.jpeg






【自星】
比肩 劫財が 強すぎると
唯我独尊にはしり 他人と 摩擦が生じる。

比肩 劫財が ない人は
水のように 流されて
自分の 意見を主張することもできない。

1番 良いのは 【五気周流】といって
全ての星が 揃っていて 互いに喧嘩をしないことだ。

わたしたちが 勉強している言葉は
【中道】だ。

強くもなく 弱くもなく
和気藹々と 支え合っていく。

そして【独坐大雄峰】。

世間の 端々に 一喜一憂しないで
堂々と 独坐する。

なかなか 大変だけれど
わたしたちも 目指してみようね。

あっ 今日の おかずは
美味しかった 不味かった。

そんな 些細なことを
クドクド いったら 駄目だよ。

空海も このように 言われる。

【閑林に 独坐す】
合掌

iPadから送信
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。