スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【あなたは 人の為に 身体を張って 死ぬことが できますか?】





141209-1写真

母が この世を去ったのは
今から 37年前の 黄興と輝る 満月の夜だった。

肝臓を患っていた 数え年 63歳の母は
岡山病院から 地元の病院に帰って来て
ちょうど 1週間目だった。

苦痛の中で
母は 『義姉を枕元に呼んでくれ』と せがんだ。
義理の姉が 駆けつけると
今度は 義姉の 主人である 『実兄を』と いう。

母は 臨終に際しても
実兄よりも 義姉を 優先した。

病気で 自宅養生をしていた 実兄も
病気を おして枕元に 駆けつけたとき
託した言葉は 『息子を 頼む』だった。

手を 取り合うのではなく
両手を 首にまきつけ 取りすがるように
何度も 何度も バカ息子の行く末を 願った。

それを一期として こと切れた。

美しい 死に顔だった。
母は 長い苦痛から やっと解放され
お浄土に 旅立ったのだ。

母は 生前に このような事を よく口にしていた。

『わたしが 生涯で 1番 嬉しかったことは
生まれたての あなたが
わたしの横で 大声で産声を あげたとき。

理屈では 言い表せない
無条件に この両手で かき抱きたい。

そんな よろこび でした』

そして その後で このような事を
付け加えた。

『もしも この子に 一大事が起きたときは、
火のなか 水のなかに 飛び込んでも
必ず 救いだすでしょう』

我が 命を 差し出すと いうのだ。



141209-2image.jpeg

image.jpeg








新約聖書 【ヨハネによる 福音書】の なかで
イエスは このように 諭れてれいる。

【わたしの いましめは 今から申すことである。

わたしが あなた方を 愛し続けているように
あなた方も お互いに 想い愛し 愛し合いなさい。

人が その友人の為に 自分の命を 捨てること、
これよりも 大きな《 愛 》は ない。

あなた方が わたしの 申したことを実行するならば
あなた方は 掛け替えのない わたしの 友である』

イエスの お教えを 聞いて 頭を過ったのは
まだ 大人になり切っていない 鬼父や 鬼母が
愛し子を 虐待するだけでなく
死にまで 至らされている 現実のなか、

プラットフォームに 落ちた 人間を救おうと
自ら 飛び込んで 自分が犠牲になった
外国人の 青年の ことだった。

隣国で 多勢の高校生を載せた 豪華客船が
沈没したことは まだ記憶に 新しいが
大切な人命を 犠牲にしてでも我が身を守った
船員さんの 裁判が話題をよんでいる。




141209-3image.jpeg

image.jpeg








あなたは 我が 身体をはって
助けたいと 心から思う人間が
愛し子、家族を含めて 何人いますか?

従業員が 瀕死の際、自分が 成り代わって
助けることが できますか?

友人が 助けを求めているときに、
逃げづに 愛の手を 差し伸べることが
できますか?

それが 出来会う人間のことを
【真の 友】という。

そして 真の友が 1人でも 多い人間が
本当の しあわせな 人間であることは
言うまでも ない。

そして イエスは【福音書】の 中で いう。

家族や 真の友に 手を 差し出すのは 当たり前。
見知らぬ人でも 困っている人を 見たとき
助け起こす心。

これが 【真の 愛】である、と。
合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。