スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 諦諦 波羅諦諦 菩提薩婆訶 般若心経:みんなで しあわせの国へ 行こう】


141214-1写真






街を 歩いていると
どの店も どの店も クリスマスソングと共に
バーゲンセールが 繰りひろげられている。

蜜の 周りには 蟻たちが 群がり 黒山の人だかり、
まさに 戦場だ。

どのひとも どの人も 手当たり次第に
商品を ゲットする ( 奪い合う ) のだが
ほんとうに それらの全てが 必要なのだろうかと
首を 傾げる。

真に【 欲望 】の 赴くままだ。

洋服などは 買い求めただけで
1度も 手を通さないままに
終わってしまうのが かなり 有るのではなかろうか。

それでも 欲しい。
隣の人を 押しのけてでも。



141214-2image.jpeg

image.jpeg










【砂上の 楼閣】という 言葉がある。

今建立中の 小豆島霊場 子安観音寺の 本堂再建も
2mも 地中を掘り 基礎をしっかりと固めた上に
ご本堂が 乗っかっている。

砂上の楼閣とは 見掛けは立派だが
基礎が しっかりしていないが ために
長期間 維持できない 物事のたとえ。

また 現実できない ものの例えでも ある。

豊臣秀吉は 長良川西岸に
墨俣城 ( すのまたじょう ) という 一夜城を造った。

敵側からみると 一夜のうちに 威風堂々とした
城が 現れたみにだから 驚いただろう。

しかし 事実は 張りぼての 城なのだ。


141214-3image.jpeg

image.jpeg







《 欲上の 楼閣 》

そして 我が資本主義社会も 人間の飽くことのない
欲望の 上にある。

我が社会は【欲望】という 砂上に
立っているのだ。

競争社会では 【勝ち組】【負け組】に 二分化される。

負け組、お金に 縁がない人たちは
購買能力が ないので 消費が伸びず
資本主義は 行きずまりを 見せている。

友人や 仲間を 蹴落としてでも
自分 1人だけが しあわせに なりたい。
つまり 勝負に勝ちたいといった 欲望が
本当に あったのだろうか。

釈迦は みんなで一緒に しあわせになりたいと
思うのが 人間本来の 欲望だと 教えてくれる。

【般若心経】の 1番最後の 経だ。

《諦諦 諦諦 波羅諦諦 菩提薩婆訶 般若心経》

行こう いこう
みんなで 行こう。
しあわせに なれる 国へ。
合掌



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。