FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 頑張れ ! と 声援を貰ったとき プレッシャーになる】




141215-1写真

秋 真っ盛りに 孫の運動会があった。

『頑張って 1等賞を とっておいでよ』
『わかった~。頑張る』

何気ない会話で 送り出す。

病気の お見舞いに行く。

病魔が あちこちに転移して 手遅れだったようだ。
しかし 意識だけは しっかりしている。

帰りぎわに『 頑張って くださいね』と
手を取ると 眼に 一杯 涙を溜めて
強く 握りかえしてきた。

ほっと 一息ついたとき、
一緒に お見舞いに行った 家内が ポツリといった。

『もう一度、
お元気を快復できるのでしたら ともかくも
本人が 明日の日も分からないと知っている時、
頑張ってくださいは 可笑しいのではありませんか?』

『えっ ? 』


141215-2image.jpeg

image.jpeg








【 がんばる 】

日常茶飯事に 使っていて
意味も分かっているはずだが
もう一度、辞書を ひいてみよう。

⚫︎目標を 高いところに置いて 切磋琢磨する。

⚫︎困難に めげないで 我慢してやり抜く。

⚫︎自分の考えや 意思を 何処までも 通そうとする。

⚫︎ある場所を占めて 動かないでいる。

江戸時代では 【眼張る】で 眼を見張る、見張るで
一定の場所を 動かないこと。

【 我を 張る】で
自分の 我を 押し通すことである。

1つ 1つ 上から 目を通してみる。

常に 高い目標を掲げて それに向かって邁進する。
どんな 苦労があろうが 常にそれに打ち勝って
やり通す。
国会、政府のように ブレないで
信念をもって 意思を貫く。
お相撲さんの横綱のように
不動の地は 決して 明け渡すことなく精進する。

どれを取っても 大変な事だ。

これを 強要する言葉は 如何なものか ?



141215-3image.jpeg

image.jpeg







『頑張れ ! 頑張れ ! 』

声援と 共に 激励に応えようと
ひたむきに はしる。

一生懸命 直向きに走っていることは
素晴らしいことで 見上げたものだが

一体 何処に向かって どういう意味をもって
走ったあとに どんな成果があるかを
知ったうえで 走らなければならない。

明日の日も 分からない重病人に叱咤激励する。

何等賞を 貰ってくるか 分からない人に
『1等賞を 取ってきなさい 』と。

激励を 受けた方は 『勝たねば ならない』という
【煩悩】によって 苦集滅道の 【 苦 】を生じる。

所謂、プレッシャーが 出るのだ。

『 がんばらない 』

お互い 手をとりあって
助け合いながら ゆっくり行こうよ。
合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。