スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【その人に とって 1番 良い加減であるかを 探し出そう】



141219-1写真




今、
インド式 2桁 九九が クローズアップされている。

わたしは 大喜びで それを求めた。
孫たちの 喜ぶ姿が 目に浮かぶ。
他にないかと聞くと これが最後の1つだと言うことだ。

さて 孫たちに 渡したのだが
上の方は 喜んで
さっそく 本をみながら テープをかけるのだが
下の孫は 全く 興味をしめさない。

『まだ 無理ですよ。
1桁の かけ算を ジジと一緒に やった方が いい』

「店の人は ランニング英会話のように
聞いているだけで 覚えるといっていたけど」

『水の欲しくない馬を 無理やり川に連れて行っても
飲みたがらないものね』


141219-2image.png

image.png








オケラが 急病になり
無二の友達の ミミズに『医者を呼んで欲しい』
と、お願いした。

ミミズは もがき苦しんでいる オケラを見て 困った。
早く 医者を呼ぼうにも 彼には 走れる足がないのだ。
そこで ムカデに お願いする。

『おっと ガッテン承知のすけ 』

ムカデは 一口返事で 了承したものの
いつまでたっても 出発する 気配がない。

ミミズは どうしたのかと 尋ねると
『いま 50足まで 靴を履いているのだが
まだ 道 半ばだ。もう少し 待ってくれ』

足が ないのも 駄目。
多すぎるのも 駄目。

ほどほどが 1番 良いのだ。
【良い加減】なのが 1番 良いのだ。



141219-3image.gif

image.gif







孫と 一緒に お風呂にはいる。

『お~い、早く はいっておいで。
良い 湯かげんだよ』

「あっちっち…。
良い 湯かげんではない。 熱いよ 」

あつ好きの 人には あつい湯が
ぬるずきの 人には ぬるい湯が

【 良い加減 】なのである。

人には それぞれ 良い加減が 違う。
すべての人が 平等の 良い加減など
あろうはずが ない。

インド式 2桁 九九 にしても そうだ。

ある人には 【良い加減】で
スラスラ解けて 楽しく勉強できる。

片方は その 九九を 買ったがばっかりに
毎日 頭の痛い 思いをしなければ ならない。

『これが 良いから』と、強要するのでは なくて

その人 その人の 【良い加減】を
適切に 見てあげることが
その人に 対する 【真 】の 愛情では なかろうか。
合掌

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。