スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【今日は 冬至。19年目に1度の 復活祭だ 】







141223-1写真 1


ママと 孫たちの 会話。

『今日は 冬至だから お風呂に柚子をいれて
温まりましょうね。
お風呂から でたら みんなで 南京を頂きましょう』

「ママ とうじって な~に ? 」

『1年で 1番 夜がながく 1番 お昼の時間が 短い日よ。
今日は 5時になれば 真っ暗だけれど
夏は 7時でも 日が沈まないでしょう? 』

「そうだね。
今日を 境にして 間反対の 夏至にむかって
昼の時間が 1日ずつ 長くなっていくんでしょう?

それにしても
どうして お風呂に 柚子をいれたり
かぼちゃを 食べたり するの ? 」

『えっ それは… ぐうー』


141223-2image.jpeg

image.jpeg








今年は 【 朔丹冬至 ; さくたんとうじ 】と言って
19年目に 1度の 珍しい冬至だ。

平均年齢 80歳としても 20年に 1度だったら
たったの 4回しか 会う機会は 恵まれない。

1年で 最も お昼の時間が短い 【冬至 】と
月明かりのない 【 新月 】が 重なる珍しい年だ。

23日以降 日中の長さが 日、1日と伸びていくので
《復活の 日 》として

寺々では 星供養の ご祈祷を行い
家々では ゆず風呂に入り 中風よけの大根を頂く。

柚子は 元来 寿命が長く 病気にも強いことから
それに あやかって 無病息災で
長生きが できるように風呂に入れたのだし

かぼちゃは 秋野菜の 収穫が 終わり
冬至を 迎えようとする 今日このごろ
栄養が 豊富で しかも 美味であることから
健康だけに留まらず 病気平癒を 兼ねて頂いた。



141223-3写真 2

写真 2.JPG






朔丹冬至とは 【一陽来復】であり
リセットの 年でもある。

くる日もくる日も 素晴らしい事が 続いた年も
悪いことばかり続いた 年であっても
今日を 境にして
わたしたちの 行いかた 考えかた 1つで
しあわせを 招くことが できる。

また
冬至に お天気がよければ 来年は 豊作になる。

冬至に 雷が あれば 雨の多い年になり
潤いのある 日暮らしがおくれる。

冬至に 南風が 吹けば 地震 大雨 日照り等の
多い 年になる。

昔の人は 色んなことを教えてくれるが
リセットされた その日からは
自分の 心で 自分の足で

しあわせを掴むように
運命を切り開いて いかなければ ならない。

今日は 柚子風呂に 入り
健康を 祈ることに しよう。
合掌


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。