スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 因縁の 法則 】


150107-1写真







『 ちょっと 来て 助けておくれ ! 』

悲鳴の 主は わたしで
離れた所にいる 家内に助けを求めているのだ。

夏のあいだ 外に出していた観葉植物を
室内に 入れる作業をしていたのだが
そのうちの1つを 家の中で ひっくり返したのだ。

部屋中 あたかも 戦争が起こった様な惨状だ。

『もう 年なんだから 1人で なさらずに
言ってくれれば みんなで 手伝いますのに』

昨年までは なんの問題もなく 運べた物が
今年は 足がもつれてしまった。

1本づつ 頂いた植物が 努力のかいもあって
何年か後に 20鉢近くに 増えた。

【因果の 法則】で 頂いた1本の木があったから
沢山の 鉢に 分けれるだけ増えた。

わたしの 身体が 知らず識らずに 弱っているために
結果、鉢の 1つを 返してしまった。

返してしまった 結果、
いくら 掃除しても 拭いても 洗っても
付いた 染みは 取れることはなくなった。

毎年のように 室内に入れ 暖めるから
結果 多分 これからも 寒さで枯れることはないだろう。

これが【 因果の 法則】だ。

【因】が ある結果 【果】が 生まれる。


150107-2image.jpeg

image.jpeg








【 善因善果 】【 悪因悪果 】という
言葉が ある。

因果の法則で
良いことを すれば いい結果が生まれる。
悪いことを すれば 悪い結果になる。

故に 悪いことをせずに
良いことを しなさいという 戒めの言葉だ。

この意味を わたしたちは
間違えて 思い込んでいることがある。

満員電車で 年寄りに 席を譲った。
『良いことを すれば 良い結果がうまれる。
今日 買った 宝くじ、絶対に3億円 あたるだろう』

席を譲ったことは【善行】で 大変 良いことをした。

その結果、老人は 深く感謝をし 喜んだ。
その 笑顔を見て 自分の善行を 嬉しく思った。
最高な 気分だ。

悪い方を 考えてみると
わたしは 膵臓が悪く 医者から飲酒を止められている。

ところが 根から好きなもので つい 一口。

『1杯目は 人が 酒を飲み 2杯目は 酒が酒を呑み
3杯目は 酒が 人をのむ』

1杯の 酒を飲むと それが【因】となり
つい 2杯目の 酒を 飲みたくなる。
その結果 【果】として 膵炎を発症し
膵臓癌に なって死んでしまう。


150107-3image.jpeg

image.jpeg







【因】と【果】は いつも 隣り合っている。

だから 良いことをして その結果
なにかの 報酬を貰えるのではなくて
良いことができる その結果を 喜ばなければならない。

悪いことをしたときには
その 悪行をしている自分を 悲しむ。

そして その結果、悪をしないように心がける。

それが【善因善果】【悪因悪果】の 法則なのだ。
合掌



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。