スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 耳を 塞ぎたくなるほど 聞きたくない言葉ほど 聞かねばならない】



150211-1写真

戦国時代 動乱の中に
中山鹿之助 ( 1545~ 1578) という武将がいた。

君主 尼子氏は 毛利元就の軍勢に 敗れ 和睦した。

鹿之助は 尼子家 復興の誓いをたてて この様にいった。

『 かぎり ある身の 力 ためさん。
我に 七難八苦を 与えたまえ 』 と。

この 【七難八苦】の 八苦は
生老病死で 何遍も 勉強したね。

七難とは お観音さんの 請願である
七うの 難儀のことである。

小豆島大観音の 御本尊さんも その通りだが
多くの 観音さんは 手のひらを 外に向けて
わたしたちの方に 差し伸べている。

それは わたしたちの恐怖心を 取り除いて
安楽な 心をつかみ しあわせになるように
こちらに 向けられているのだ。

山中鹿之介は 戦国武将でありながら
観音経を 熟知していたのかな ?


150211-2image.jpeg

image.jpeg






観音経に 【 七難 】について 書かれている。

⚫︎ 大火難 : 火災の ことだ。
⚫︎ 大水難 : 洪水の こと。
⚫︎ 黒風難 ; 風や 嵐の こと。
⚫︎ 刀丈難 : 刀や 鉄砲 大砲等による 災いのこと。
⚫︎ 夜叉羅刹難 : 凶悪人による 災難のこと。
⚫︎ 杻戒伽鎖難; 無実の罪の 難のこと。
⚫︎ 怨賊難 : 泥棒に あう 災難。

これらは 外から受ける 災難だが
以下は 自分の 心の中にある 災難を 書いてみよう。

⚫︎ 大火難 : 嫉妬や 怒りの 炎による災い。
⚫︎ 大水難 ; 愛欲の 大海に 溺れる 災い。
⚫︎ 黒風難 : 煩悩や 迷いの嵐による 災い。
⚫︎ 刀杖難 : 心を 傷つける 他人の中傷による 災い。
⚫︎ 夜叉羅刹難 : 心を 悩ませる 他人への邪念による災い。
⚫︎ 杻戒伽鎖難 ; 親子 夫婦なぢの
浮世の義理の 手枷足枷による 災い。
⚫︎ 怨賊難 : 身体に関する いろんな痛みや 苦しみ。

他人事では ないね。

わたしたちの 日常生活において
毎日のように 繰り広げられ
それに 戦々恐々として 暮らしている。



150211-3image.jpeg

image.jpeg






上司や 先輩だけでなく 家族や 連れ合いにまで
辛く 当たられることがある。

そんなときに
『お観音さんが 慈悲と 智慧の ご誓願で
わたしが どこ迄 耐え忍ぶことができるか
試されて いるにちがいない』と

山中鹿之介の ごとく 考えると
辛く 当たっている人の 心の中に持っている
人間の 本音を 聞くことができる。

お観音さんは 【 音を 聞く】のではなくて
【 音を 観 (み) る】のだ。

味を みるのは 舌であり
湯加減を みるのは 手である。

人の 心を 観るのは 触っても 撫でても分からない。
よく観察をし 心眼、心の目で みるのだ。

わたしたちは 苦境にたったり
悲しみに くれているときは
人の 意見などは 耳に入らないものである。

しかし 耳に痛いこと、聞きたくないことほど
耳を たてて 聞かなければならないのだ。

その 耳の 痛い声の主は
お観音さんかも しれない。
合掌




iPadから送信
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。