スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 四国 霊場巡拝 八十八ケ所 】



150221-1写真

本四国 八十八ケ所霊場巡拝 したことある ?

白装束 ( 死装束 ) に 身を固め
家族とは 水さかづきを交わして
死出の旅路にでる。

生活上の 苦しみ、家庭のいきづまり
もう 治らないだろう 病気を抱えて
浮世の出来事 一切を投げ捨てて
故郷に 家族に 永遠の別れを告げて遍路にでる。

一縷の望みを かける遍路に【 三信条 】がある。

⚫︎ 摂取不捨
大師は 南無大師遍照金剛と 唱えるその者を
同行二人で 救ってくださる。
わたしたちを見捨てずに
護ってくださっていることを 忘れずに。

⚫︎愚痴や 妄語を 慎む
今まで なに不自由なく 暮らしていたわたしが
寝るところも ままならず 接待を 受けながら
1寺院 1寺院 参拝する旅である。
どこで どのように 野たれ死にするかもしれない。
決して 不平をいわず 感謝して参らなければならない。

⚫︎ 現世利益
今、生かされている この世での
大師の恵みを 感謝しながら
積もり 積もった 煩悩を 1つ1つ 消していく。

持ち物には このように 書かれている。

【 迷故十万空 】【 迷故三界城 】【同行二人 】
【何処有南北 】【 本来無東西 】

自然や 宇宙の中には 永遠の命があり
精進や 修行を 重ねながら
自分も また 無限の命と 一体化して まいります。



150221-2image.jpeg

image.jpeg






室戸岬では 怒涛吹き付ける中 求聞持法を修したり
農民の為に 満濃の池を 作ったことは
史実として 大変有名なことだが

伊予の 【十夜ケ 橋 】の話も貴重な 話だ。

日も暮れ 空海が 一軒のお家に 一夜の宿を頼んだ。
しかし 家主は 苦渋の顔で それを断った。

あまりにも 貧乏な生活だったので
空海を 泊まらせることが 出来なかったのだ。

其の夜は 乞食同然に 橋の たもとに身を横たえ
露を 凌いだ。

日々の 生活の中で 喰うか 食わぬかで
精一杯 生きている わたしたちを
より良い生活に 導き、悟りに生きる為には
どうすれば 良いのだろうか?

其のことを 考えていると
1晩が 10日ほども 長く 感じたことだ。

【 ゆきなやむ 浮世の人を 渡つりは
一夜も 十夜の橋と 思わゆ 】

頭でっかちで 動かずして 考えるばかりするより
死ぬ気で 1度、お四国の 旅をしては どうだろう。

その ミニチュア版が 小豆島に ある。

3泊 4日… いや むりしたら 2泊 3日で
満願しますよ。
合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。