スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 効能書きを 書き並べるよりは ます 実践を】


150223-1写真


管子の 言葉がある。

【 衣食足りて 礼節を知る 】

衣服や 食べ物は わたしたちが生活する上での
根本であるから、それらが 満たされる事によって
心に ゆとりもでき 礼儀を知ることができる。

では 【礼節 】とは 如何なるものか?

[ 礼 ] とは 相手を 尊敬し 自分を謙遜し
その上で 行いを丁寧にすること。

[ 節 ] とは 礼をうくそうと するとき
時に即し 場合に応じて
自分の 行動がとれるように わきまえること。


今の 日本は 衣食住整い 物は満ち溢れている。

ならば 管子曰くの 礼節は どうか?
残念ながら 礼節は 地に落ち、
目を覆いたくなるような 現状である。

犬が 人間に噛みついたのは
たいした ニュースには ならないが
人間が 犬に噛みついたなら ニュースになる。

生徒が『殺してみたかった』と 人をさし、
夫人が 毒薬を盛って 主人や友人を 殺す。
親が 幼子を殺し、子供が 親を殴りごろす。

『礼節を 知る』なんて とんでもない話だ。

150223-2image.jpeg

image.jpeg







最近 こんな話を 耳にした。

【世のため 人の為の 人づくり】

有名な先生が 講演をしてくださるというので
会場は 超満員で 熱気に溢れていた。

やがて 有り難いお話も 幕を閉じ
みなさん 口々に 『良いお話だった』と
賞賛しながら それぞれの家路に ついた。

ところが 大勢の聴取者だったので
高齢の おばあちゃんが 脚を取られて
もんどり打った。

脱兎のごとく 後ろからかけてきた男性は、
助け起こすのかと 思いきや
一瞥しただけで そのまま 駆け去ってしまった。

その 男性こそ 壇上で 熱弁を振るった本人だった。

知識だけを 頭に入れ、説教や 講演をしたところで
実行が 伴わなければ
礼節の [ 礼 ] だけに留まってしまう。

昔 中国に 道林禅師という 高僧がいた。
白楽天という学者が『仏教の真髄はなにか』と聞いた。

禅師は 『間違ったことをせず、 正しい事をせよ』
と 答えた。

『そんな事は 3歳の子供でも 知っている』と
肩を 落としたが 禅師は 更に 言った。

『それは 3歳の 子供でも知っていることだが
60歳に なっても 実行出来ないことだ』

理論が 先では ない。
まず 最初の 1歩を 踏み出しなさい。

語るよりも まず 進めだ。
合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。