スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【座禅瞑想の すすめ 】




150224-1写真

大本山 小豆島大観音も
【座禅瞑想】の 体験入学が ある。

日本では 【ヨーガ】といって
美容と 健康の為に 行っている行が ある。

大観音での 体験入学では

大学の 柔道や 空手のクラブ活動から
一般の 女性に至るまで 体験をする。

大体が 顧問の先生とかクラブ部長なんかが
代表で鞭打たれるのだが
瞑想していて 分けのわからない 部員は
叩かれた音と共に 背中が伸びる。

日本での 座禅は 《だるま大師》で有名な
曹洞宗の 道元禅師が 宋の国から 学んだものだ。

【只管打座】といって 何も考えず
只 ひたすら 座り、無心 無我の境地に 入る。

インドでは 3000年も 前から 仏教の前身である
【 バラモン教 】の行者が 修行の為に行っていた。

釈迦も 苦行僧と共に 座禅瞑想の 行に
明けくれていたのだろう。

150224-2image.jpeg

image.jpeg






高野山でも 座禅瞑想の 根を耐やしては ならぬと
その当時の 管長猊下 堀田 真海大僧正の元に
【第一回 阿字観 講習会】が はじまった。

その日も 次の日も、その次も 雨で
当時でも 高齢であった 猊下のお教えが聞こえにくい。

猊下は 言われた。

『さすが、お山は 雨がよく降るのう。
伝授が 聞こえにくかったろう。
でも、それで 良いのだ。

何も考えず 只 ひたすら座り 無心無我の境地に入るのが
阿字観の 何よりの 秘伝だから』

座禅は【内観】といって
自分の 心の中を 覗いてみることから 始まる。

何日か 風呂に入らずにいると 新陳代謝で
我が 身体が 臭くなる。

生きると言うことは 浮世の塵によって
心が 汚れてくる ことである。

心身に 垢がたまり 臭くなったときには
早速 座禅瞑想をして 垢を 取り除かなけれな
ならない。

あなたが 順風満帆に 帆をあげているときも

また 逆境の境涯にあるときには
進んで 座禅瞑想をして
自分を みつめなおして みるといい。

すると そのとき あなたは 逆境を 取りのぞき
生かすことが 出来るであろう。
合掌


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。