スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビパッシー 大僧正



ビパッシー 大僧正が こられた。
成田と 群馬に 2つの大きな寺を持ち、
年に半分は 日本、半分はスリランカと
多忙な毎日を送られている。
ビパッシー財団を立ち上げ、日本とスリランカの
仏教を通じて経済、文化、教育と 大きな架け橋となられている。
大統領やミニスターとも パイプが強くジジも
4代に渡る 大統領は言うに及ばず
ローマ法王( 一代前の方) や
ジジが 普段 会えない様な 著名な方に
数多くお出会いさせて貰っている。
妻が 入院、手術をしたと聞き、
取るものも取り敢えず 駆けつけてきた。
一昨日、日本についたのだ。
妻には 観るからに 立派な ありがたい 仏陀の 仏像をプレゼントした。

120704-2写真

『タイの 国王が わたしに下さったものだが奥様に あげます。はやく良くなってね』
妻は 思わず 涙した。
【釈迦 生誕 2500年】を 祝い、
タイのバンコクで 世界各国から 有名人 知名人
官人 相集まり 大きな お祭りがあった。
その時、国王から 直々に 頂いたものだ。
この ブログに載せている 仏陀像は
一昨年、小豆島大観音 主催の スリランカ参拝を
致した時、官邸にて 大統領から 戴いたものだ。
銃を [捧げつつ]した アーミーが 居並ぶ中、
全員の 参拝者が 手荷物を 全て
一時保管され、空港と同じように
パスポートを 提示し 緊張の中、会見した時に
いただいたのだ。よこのレリーフは
番号が打たれており 数少ない人しか
いただくことが 出来ないかが よくわかる。
僧正とは 昭和 55年来の 付き合いで ジジの事を『アニキ』とよぶ。
人心を 失い [使いずての 雑巾]のように
次から次へと 【友人】を変えて行く
現代人とは わけがちがう。
謙虚で 驕らず 温和、そして 何よりいつまでも 変らず 接してくださる。
これは 孫が 高僧の 頭を 触っているところだ。
120704-1写真


昭和55年、3歳ぐらいだった
住職も 同じ頭を 触った。
年月は 流れ 風貌は変じても その幽玄の心底は 少しも変わらない。
皆さんは こんな 友人を 何人、持っていますか?
多くの人は 友人であって【真の友】ではない。
『いつまでも お元気で…』
心から そう願う ジジで あった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。