スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【どうして 流行ったり 廃ったり するのだろう ? 】



都会に 出ていくと 子供や 孫たちと 時々、外食する。
その 多くは 子供達の 学生の時からの店も多く、ジジも顔見知りの 1人だ。
一概に 食堂と言っても いろんな 店が あるね。
顔だけではない。ジジの 名前や出身地 子供との 間柄まで 把握して
愛想よく対応してくれて お店に入っても 非常に 気持ちが良い所。
逆に 10年も 20年も 出入りさせて貰っているのに、わたし達の 存在など
全く 意にかえさず 最初に 門をくぐった時と 同じ対応の 店もある。
1番 大変なのは、主人や奥さんが 【気分屋】で、愛想の良い時と
悪い時が 極端に 違う店である。
機嫌の 良い時は 『どうぞ 食事に 専念してください』と、
幼い 孫まで取ってくれるが 逆の日は 言葉さえ かけて貰えない。
私たちは 彼女の事を 『天気屋 おばさん』とか『意地悪 ばあさん』とか
茶化すのだが、身内では いけても 絶対に 人は お連れできない。
【無愛想な 店】は、『ここは こんなもんだ』と、100点満点の 20点ぐらいの
評価をしてから 入るので、食べるのもさえ 美味しければ なんの問題もない。
《A》の店も《B》の店も《C》の店も どれもジジにとって 長年選手だ。
『ここを もう少し こうすれば ジジにとって 快適なのにな』
『あそこを こうすれば きっと よく 流行るだろうな』
味 云々は ちょっと 横に置いて、その他は 全て【心】の問題なのである。
それが 私たちが いつも 勉強している 般若心経の 【空】なのである。
お店も、間取りも、中に居る人間も、ネタも 食材も 全て 同じなのにね。
それが どうして【流行ったり】【廃ったり】するんだろう。
以前にも ブログに書いた。
私たちの食事は 物で味付けするのではない。
【心で 味付け する】
私たちの 会社や 店、家庭においても 人さんからみて 果たして
快適に お迎えが出来ているのだろうか ?
合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。