スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【悔いのない 悠々自適な 人生を】



ジジの 子供や孫たちは 4人のジジ ババの他に もう1組の それが居る。
その ジジ ババに 今日は 私たちまで おご馳走になった。
数年まえまで 大手の テレビ局の 取締役まで なさった方で、
ジジの友人である ヨット(⛵)会社 社長の紹介で 知りあった。
律儀なお方で ヨットの進水式の時は、ジジに 白羽の矢があたり
本来は 神主さんが多いのだが 仏式で 【開眼法要】を行い、
ヨットの前で メラメラと お護摩を焚き、参加者を 唖然とさせた。
ジジの 子供達が みんな 同時期に都会の学校に 通い 田舎でいるジジには
【いざ鎌倉】の時には どうしてあげる分けにもいかなかった。
ヨットの友人夫婦と共に 1人 1人が 言うにいわれないお世話になった。
夜中に 救急車で 搬送されたり 入院させらり 今になって思い出しても
『よくぞ ジジさん ババさんが 居てくれた』と 拝むやら 胸を撫でおろすやら。
その 子供達も 母親に なった。
孫たちからすれば、正真正銘の 『ジジさん、ババさん』である。
その ジジさんも お仕事から 開放されて 今や 悠々自適な生活を送っている。
今、申した ヨットを始め、 スキー 、ゴルフ、マージャン、指おり数えたら
10指で 足りない。
最近はババさんもゴルフを始められ その実力たるやジジさんに 肉薄する程だ。
年金の 話が 出た。
何故か ジジの 年齢に なると 年金の話が よく出る。
その ジジさん がいう。
『時代が 良かったというか、勤めていた 会社が 良かったというか
生活を 満喫するに 12分の 年金を 貰っている』
『平均年齢までは まだ 暫くあるが 動ける年というのは そう…長くない』
『ヨットは いつ迄 乗れるだろう? ゴルフは?』
そう考えたら この 一刻一刻を 大切にしなければ 残された時間は 少ない。
『悠々自適に 毎日を 楽しく暮らさせて貰って《うん! 》と 目をつむった時に
今、貰っている お小遣いが ポン と叩ければ それでもいう事が ない』
『今、毎日が 楽しくて しようがない』
ジジは 羨ましい。
ジジの 生涯は 悔いのない 素晴らしい 一生だったのだろうか?
囲碁を ちょっと習った位で、ヨットも ゴルフも スキーも マージャンも知らない。
ジジも これからは 考え方を 変えねば ならないね。
『ウン! 』と 目をつむった時、丁度 ご破算。
なんと 素晴らしい 人生だろう。

120712-1写真
120712-2写真

合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。