スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小豆島 山ノ観音は きうり加持 参拝で いっぱい】

たぶん 全ての 土用中日、土曜日 日曜日と比較しても今日ほどの
賑わいは ないであろう。ジジも 7時 30分に登壇 ( 法要などを おこなう時に
導師が 壇の上に 座る) して 2時 30分までの 間、一度 少し下礼盤しただけで
ずっと キウリを 加持していたのだ。

各地から こられる 既成のお団体の皆さん、ジジの寺の 特別 信者さん、
たまたま 来られた観光の 方 、そんな中に 島内より 参集された 【お滝の 会】の
皆さんたちが 今日の 法要の 花をそえて くださった。

小豆島には 有名な 銚子渓の滝と 同じくらい 大きな 滝がある。
[男滝][女滝]を有している【ご来迎の滝】だ。
そこに 空海が 本尊をつくり 自ら 病気封呪の 加持をせられたという
言い伝えが あり、バス道もない 滝に 多勢の信者が 集う。

ジジが 新発意として 勉強をうけている 【四柱推命】の大先生が
山ノ観音の 上にある【ご来迎の滝】のご本尊さまを中心に
【講】を作られている。
今日 全員が参拝をできなかったが その講員たるや かるく 100人は超えている.。

【加持 祈祷を受ける】ということは、帰りには 何もかも 吹っ切れ
秋空が 晴れわたるように 清々しい 気持ちに ならなければ ならない。

ご本尊の 慈悲の心と 仲介役の 僧侶の心と 行者 ( ご祈祷を 受けるもの) の心が
1つに ならなければならない。この3者に 少しでも すきま風が吹いたら
絶対に 清々しくも 有難くも ない。

その上に お手伝いの 皆さんの 心、4者が 一つになれば
【ご本尊は ありがたかった】
【僧侶の お加持も 性根が入っていて、ありがたかった】
【故に 知らず知らずのうちに 一生懸命 手を合わせた】
【ボランティアの 方から受ける 施しほど ありがたいものはない】

この次は、信者さんが お手伝いの 1員に 加わっているかもしれない。
なんだかんだで 素晴らしい 【きうり加持】の 一日 でした。

120722-1写真
120722-2写真
120722-3写真

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。