スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【過ぎたるは 猶及ばざるが如し】

121105-1写真

但馬の 信者さんの 仏壇の前にいる。

ジジの 檀家の みなさんも 墓も 仏壇も
競争して 美しくしているが 嬉しい限りだ。

【真は 荘厳に あり】

信者の みなさんも 負けては いない。
『うちは、汚のうしとります』
謙遜するが どうして どうして。

綺麗に お祀りが できている。


只、仏壇を 見てみれば 要らぬものが めだつ。

ビックリしたのは 本尊さんにの座るところに
小豆島か何処かの 霊場で 求めてきたのだろう、
お大師さんを お祭りして 肝心の 本尊を
お大師さんの 右後ろにおいて 辛うじて
見えるように している。

その他、お不動さん、観音さん、地蔵さん…
ありとあらゆる 本尊が 顔を並べているのだ。

他の 宗派でも 同じことだが、
仏壇の 講習会を しよう。

真言宗では 中心になるのが 【大日如来】。
その 向かって 右に 【お大師さん】
向かって 左に 【お不動さん】
を、祀る。

不動、大師像を 【脇仏】というが
お大師さん よりも お不動さんの方が
位が 高いことになる。

お相撲でも、東西に 別れたら
東の 方が上だ。
仏壇でも、右が 上位、左が 下位になる。

グルリと 私たちの方を 振り返れば
右で 居られる お不動さんが 左にくる。

【五具足】を 置く。
真ん中に 線香立てを おき、その横に
左右 に ロウソク をたて
その 外側に 左右に花たてを 置く。

左右対称に 綺麗にきっちりと 置くのだ。

五具足が 揃わなかったら【三具足】にする。
真ん中に 線香立て。右に ロウソク。
左に お花だ。

香炉や 線香立てで 三脚のがあれば
脚の 1つのを 正面に 持ってくる。

お位牌と 過去帳は 所定の場所に
整然と おく。

あとは、打ち鳴らし ( 鈴 ) とお供え物だ。

どうです。
ごちゃごちゃに ならず 整然としたでしょう?

本尊さんの 前に 別の 本尊をおいたり
本尊の 居場所に 位牌がきてみたり
ジジでなく 本尊さまが びっくりします。

お互いが お互いに
『おいおい、わたしの 居場所が ないではないか』
『わたしと、あなたは、どちらが 位が 高いのだ』

知らず知らずのうちに 大問題が 起きます。

私たちが 持っている 煩悩 【執着心】が引き起こす
悲しい 結末ですね。

『あれも 祀りたい。これも祀りたい』
『お大師さんから おかげを 貰おう』
『いや、お観音さまからも 地蔵さん からも…』

【四諦』【八正道】
この なかにも 1番に 説いている。

[正見]
物事を 正しい目で 見よう。
[正思惟]
物事を 正確に 正しく 考えよう。

仏壇は 何のために 誰のために あるのか
よくよく 手を胸において 考えてみよう。

大事なことは 毎日 家族で お参りすることだ。
庭に 咲いている 花を立て
香りのいい 線香を たて
私たちが 頂く まえに 仏様に 頂いてもらう。

『おじいちゃん、庭に咲いていた花だよ』
『僕のおこずかいで 買った 饅頭だよ。
おばあちゃんの 後で、僕が いただくね』

家族みんなが そんな心を 持っていたら
家族にも 他人にも 人の心が分かる
思いやりのもった人たちが
寄り集まり、潤いのある 人生が
おくれるであろう。

【過ぎたるは猶及ばざるが如し】
執着心 は 捨てよう。
合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。