スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【利益や 自分の ご都合ばかり 優先しない】

121219-1写真

セブンイレブン の火が消えた。

学校時代から いつも子供たちを
可愛がって くださっていた
店長夫婦が店を閉めて国へ帰ったのだ。

子供たちは 都会、
ジジは小豆島にいて
女の子ではあるし、
他に 知った方も居なかったので
(今は 大勢 いるのですが)

セブンの おじちゃん夫婦に
監視役を お願いしたのだ。

年月は 流れるように 過ぎ去り
学校を出て 働き、結婚をし
子供を 儲けた。

しかし、セブンのおじさん夫婦には
未だに 自分の子供だあり
孫で あった。

昔は 子供たちが そして今は 孫が…

セブンに買い物にいくと
必ず 何かを 貰った。

それは 単なる品物や 食べ物ではない、
きっと おじさん夫婦の心だったんだね。

ジジへの お土産は なくても
おじさん夫婦への お土産は欠かさなかった。

いつも 云うね。
人への 施しのことを【布施】という。

【布施】に 2種類 ある。
● 物品、金品で する布施
●心や 口や 身体で する布施

おじさん夫婦は その 両面で
布施行を 実践なさったのだ。

【凡夫は 善悪に 盲いて
因果あることを 信ぜず

ただし 眼前の 利のみを見る
なんぞ 地獄の 火を知らん】
秘蔵宝鑰

私たちは 自分の行為の善悪も分からず
因果応報の 理があることも 知らない。

ガツガツ ガツガツ
目の前の 利益だけ考えている人に
どうして地獄の恐ろしさが わかろうか

地獄 極楽は 私たちの
考え方 1つで
おこない 1つで
瞬時にして行き着くことが できるのだ。

自分の 行為の 判断の
是非が分からなくなると
地獄は あちこちに 顔を覗かせる。

混んだ 電車の中で 平気で化粧する 女性。
人混みに 犬座りして たむろする 若者。
夜中に 大騒音で 駆けぬける オートバイ。

人のことを 考えないで
自分の ご都合ばかりを優先して居る
人たちだ。

こんな 行為を繰り返して いると
自分の 心の中が ボロボロに なるよ。

そして、奈落の底に 落ちてしまうよ。
そのように 空海は 諭す。

私たちは、セブンイレブンが
無くなったのではなく
大切な 大きな 宝物を 失ったのだ。

今日も お店の 火は消えている。

合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。