スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【無駄な 無意味な 1日を 過ごすとは 勿体無い】

130317-1写真

今日も しあわせな 1日を送っている。

夜来 風風が襲来し せっかく
膨らみかけた花々を 散らせてしまった。

今日は 一変して 弥生の太陽が
サンサンと輝き、土筆が頭を出し
木々も 両手を 力 一杯 伸ばした。

真っ青に晴れ渡った 空に 鳥たちが舞い
山々からは 長閑な 鶯の声が 聞こえる。


なんの変わりもなく 家族も
みんな安穏で これという不平不満もなく
和気藹々と暮らさせて頂いている。

これを しあわせと言わなければ
一体 何を しあわせと 言うのだろう。

釈迦の 言葉がある。

【最上の 法を見ることもなく
100年 生きながらえるより

最上の 法をみて
1日 生きる方が まさっている】

《最高の 法をみる》
最高の 教えをしり 最高の教えを実践する。

そして 日々の生活 そのものが
教えの 実践で あり、
それを 実践することこそ
仏の教を 顕現することだと 諭す。

命ながらえ 100年 生きたとしても
実りのない 無駄な一生であれば
せっかく 命を頂いても
勿体無いことだ。

ここからが 大切だ。

さまざまな 誘惑の奴隷となって
無為の 100年を 費やしても
たった 1日、いや ひと時でも
自覚を得て 正しい 行為を行うなら
その 一生は 意味のある
尊ぶべきものと なる、とある。

たった ひと時の行為で
今までの 行いは チャラにして
一生を 輝かせるほど
価値が あるものだと いう。

どうです、
釈迦の 教えは 素晴らしいでしょう。

ただ、ジジに 言わせると
ちょっと 甘いのかな? とも。

ジジの しあわせ論は こうだ。

感謝をしながら しあわせな日暮らしを
させて頂き、その 締め括りとして
寝る前に ご仏壇に手を合わせ
先祖に 感謝の意を 伝え

今日 一日、どうだっただろうか?
充実した 1日が 送れただろうか?
述懐してみては どうだろう?

『しまった しくじった】と、なれば
明日、それに 挑戦すれば いい。

その 積み重ねが 臨終を迎えたとき
『ああ 充実した 素晴らしい 一生だった。
なに一つ 思い残す 事はない』

と、喜んで 旅立って いける
ことになる。

こうして いても、時はどんどん流れている。
決して 立ち止まっては くれない。

勿体無い よ。
有意義に 使おう。
楽しく 使おう。

真の 【しあわせ】を 掴むために。
合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。