スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【分かち合うことは 素晴らしい】

小豆島の対岸 日生町にいる

お参りを済ませてから 色んな話を聞いた。

床の間に 飾ってある(祀っている?)
【慈眼慈衆生】と書かれた
お観音さんの お軸を指差し
『小豆島の 子安観音の先代に 貰ったんじゃ。
あれから 50年、よくぞ元気で 参らせて
貰った ものです』
感慨深そうに いう。

仏壇の周りをみると、ミカンや リンゴが
所狭しと 置かれている。

『沢山 あるじゃろう。
28日の お不動さんの日に 月に 一度、
多勢の お参りが ある。

お供えに 上がったものや 頂いた物を
私が 1人で 食べるのでは なく
みんなに 平等に 分けて 頂くのです。

不思議なもので いつの間にか
また、みなさんが持ってこられ
こんなに 沢山になる。
回向 というのでしょうか? 』

釈迦は いう。

【ケチケチするな。
相手が 必要なのだから 喜んで 与えなさい。
物惜しみ する事は よくない。

与えることは 奪われることではない。
与えることは 互いを 分かち合うことだ。

馬鹿なひとは 物を それが必要な人に
与えた時、自分が 損をしたという思う。

そんな 貧しい心は 捨てなさい。
分かち合うことは とても豊かなもだから】

仏教では【布施】という。
【喜捨】ともいい 見返りを 考えないで
喜んで それを 与えることだ。

【無財の 七施】と 言われるが、ページの都合で
最初の 3つ だけを紹介しよう。

●第一の布施は 【飯食施】
何と言っても、食べることが 1番だ。
食べ物が不足したり、不平等になると
争いが起きる。
1番 よく分かるのか 平山郁夫先生の絵や
タイやスリランカにお参りした時、
托鉢の お坊さんに 振舞うのを
目にしたことが 有るだろう。
食べ物を分け合う事、これが基本だ。

●第二の布施は【珍宝施】
自分の 持っている【宝】大切なものを
独占しないで みんなに分け与える事。
資源などを 独占しないこと。
これを実行すれば 国と国との
戦争は なくなりますね。

●第三の布施は【身命施】
金銭 云々ではなく 自分の持っている
能力を 自分の身体で 奉仕をする事。

【人生 苦なり】
その句を 救うものが 施しである。
たとえ 物品に 恵まれてなくても
自分の身命によって 施しができる。

日生町の お婆さんが 言ったように
施しをすれば 必ず 【回向】といって
周り回って 自分に 帰ってくる。

私たちも 最初から
大きな事を しようとは考えないで、
電車の中で 年寄りや妊婦に 席を譲る、

それぐらいからの 布施から始めれば
どうだろう?
合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。