スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【懺悔する。それに対して 赦す。1番大切なことだ】

『うわ~ なんだ これは。
責任者を 呼べ 責任者を ! 』

1日の 疲れを癒すために たまたま入った
レストラン中に 怒号が 鳴り響いた。

何事かと 様子を伺っていると
どうも 運ばれてきた 食材に
なにか 異物が 入っていたらしい。

周りの 止めるのも 聴かずに
酔いも 加わって 真っ赤な顔で激怒している。

店長が 飛んできた。

『おかしい ですね、お客さま。
厨房では 何ともなかったのですが…』

『厨房から ここまで くる間に
羽根でも、生えて 飛んできたんか~!! 』

『あやまって ください』

あ、不味い 答弁だな と思った 矢先、

最初は止めていた 周りの人にまで
火に油を 注いでしまい収拾が つかなくなった。

【懺悔する】

自分が犯した 罪 咎を 心から反省し
神仏をはじめ、当人に許しをこい

心身の 煩悩 ( 貪瞋痴 の 三毒 ) から
解放を求めることだ。

ところが、不始末をおかした あと、
私たちは いかに自分を正当化しようか

どのように 言い訳をしようかと考える。

ここで この人に 誤ったら、
『私の 面子にかかわる』と思う人もいる。

そこで 『こめんね』と、
許しをこうてみれば どうだろう ?

特に 【怨憎会苦】
嫌いで 嫌いで 道端で バッタリ 出くわせて
しまっただけで、腹が立ち 心が乱れる人

そんな 人と お出会いした時、
こちらから
『あの時は あのことに 関して
申し訳のない ことでした』と、
詫びをいれてみれば どうだろう。

向こうも
『いや、わたしも感情的になっていて。
謝らなければ ならないと 思っていたところです』

膝を付き合わせて 話してみると、
案外に 好い人で

切ってもきれぬ 友人に なったりする。

《素直な心で 懺悔する》
《謝る》

それに 対して 《赦す》
この心が 人間として 1番 大切なのではなかろうか。

ニーチェの 【懺悔】を 紹介しながら
筆を おこう。

【他の人に 懺悔してしまうと
当人は 自己の 罪を 忘れてしまうが

たいてい 相手の人は それをわすれない】

合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。