スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小豆島大観音に [ 天光軒 満月 ] 先生、参拝

晩秋の今日、

娘婿のご縁で

満月先生が大観音と

子安観音寺にお参りになった。

仕事先で

中国、青龍寺の

寛旭管長のお写真で

『小豆島の父も友人です』

『わたしも』

と、言うことでの

今日の参拝になった。

『写真を出しても、名前をだしてもかまわないよ』

という先生のお言葉に甘え、

お写真を出させて頂いた。


111117写真


先生との お話の中で

《 キラリと光るもの》が、

一杯あり 2~3 紹介します。


岡山邑久[光明園 ]
岡山の[ 愛生園 ]
香川の[ 青松園 ]

とか孤島でハンセン病で苦しんで

居られるかたが大勢居られる。

一年に何度か

それらの方の慰問に行くのだが、

何年行っても

逃げ隠れするような方が多く、

シックリ行かない。

そんな時、

たまたま 隣の方の食べ残した

お食事を

『アッ 食べないのなら、私が頂こう』

と、パックっと口にいれた。

それを見た隣の方が

『なんと、私の食べ残した食べ物を…』

と絶句なさった。

一斉に、周りの方の

視線が私に集中した。

毎年、お出会いに行くが、

それからは

親戚兄弟のように

もてなしてくれる。

『これも お観音様の 智恵 ですね』と、申す。

もう一つ、中国 寛旭管長の話が出て

海外旅行の話になり

『海外旅行の醍醐味は

ポツンと1人だけ浮いている人を、

い、あにケアー出来るかですよ』と、なり


『日本でも面白い話が有りましてね』と、

核心を話し出した。

ある、大きな会に呼ばれていくと、

1人だけポツンと浮いている人がいる。

『オジイチャン、一人なの? 』から

話しかけ、最期には

お互いが大爆笑する程、

盛り上がった。

ところが、会が始まると

その老人がその会の主催者で、

有名な 書道の先生だった。

別れしなに

『これは 知事に

あげようと持ってきたのだが、

知事のを君にあげるよ』と、

扇子をくれた。

後で、関係者に

『そんなに 凄いのー?』

と、聞くと

『お願いしても、書いてくれないですよ』との事。

そんな話を聞いて 学生時代の友人の話を思い出した。

テレビ局に入社して直後、

局に行ったら 会社の玄関が汚い。

アリャ、と思って掃除を

しているとお爺さんがでてきて

『何故、掃除をしているか?』と。

『お爺さん、玄関は人間の顔です。

局に来た人の失礼なります』

と、申したら、

後で 分かった事だが

『その人が 我が社の社長だった』

汗を拭きながら申したのを

昨日の事のように思い出す。


お観音様の『智恵』。

遠い所にあるのではなく、

私たちの生活の端々に転がっている。


それを私たちが気がつくか、つかないかだ。

ジジも、今日こそは

良い 勉強をさせて貰った。

そしてその事を、人にも告げよう。
合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。