スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お盆を 迎えて 2 】

徳島の 先輩から 電話が かかった。

『阿波踊りを 見に きなさいよ』

『先輩 ! 寺では とてもじゃないが
そんな 状況では ありません』

『去年も 一昨年も そう 言っていただろう。
そんな事ばかり 言っていたら
1度も 見ないまま 死んでゆくぞ。

だいたい、君は 代替わりをして
住職でも なんでも ないどろう』

『先輩。
そんな事を 言っていたら、
餓鬼どもに 叱られますよ。

みんな、海外旅行を 取りやめてでも
故郷の 墓参に 帰ってくるのですよ』

お盆には 仏壇や お墓には
綺麗な 水、お花、供物を供え

ロウソクや 線香をつけて
先祖さんを 迎える。

それとは 別に【精霊棚】を門に 置く。

今を去ること 2500年、釈迦の 10大弟子の 1人に
【アナン尊者】という 人が いた。

ある日、餓鬼が 醜い身体を晒しながら
彼に いった。

『お前は 3日のうちに 死ぬ。
そして 私のように醜い 餓鬼に 生まれ変わるだろう』

修行中の 尊者の心に 餓鬼が存在して居たのかも
しれない。

アナン尊者は 怖くなって釈迦の元に飛んで行き
こうこう しかじかと 救いを求めた。

釈迦は いう。

『施餓鬼棚を つくり 新鮮な 山海の珍味を供え
僧侶に 施餓鬼会の法要を営んでもらいなさい。

少しの 供物は 無量の供物となり
全ての餓鬼に 施されるであろう』と。

アナン尊者は 命が 助かっただけでなく
釈迦 10大弟子の 1人として
悟りを 開くことが できた。

【餓鬼…】

子供の事を よくその様に言うのを 聞く。

大好きな お菓子をみる
次から次へと 食いあさり

いれで良いという 満足を しらない。

そういう 満足をしらない ガツガツした子を
【餓鬼】という。

しかし、よく考えてみれば、餓鬼は
子供に 限ったことでは ない。

恥ずかしい話だが 大人でも
ガツガツした 不平不満だらけの
心を持った 人が 一杯いる。

物欲、金銭欲、名誉欲、性欲

指を追って 数えても 枚挙にいとまない。

【施餓鬼棚】を供養して
餓鬼を供養することにより

私たちの持っている 【餓鬼 心】も供養するのだ。

全ての 執着の 心を 捨てる。

この行が 出来た段階で
素晴らしい 【お盆】を迎えたと
いう事が 言えるであろう。
合掌

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。