スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【行く河の 流れは絶えずして しかも元の水に あらず】

131007-1写真
131007-2写真
131007-3写真

ご本尊が 愈々 借り屋に お移りになった。

『老僧が 御導師を してください』

本堂解体を 2日後に 控え 僧侶、檀家、信者、
工務店社長等 関係者が 相揃い

本尊が 借り屋に 移動した。

その 御導師を ジジにと
住職が花を持たせてくれたのだ。

【願文】といって 仏さんと お約束をする。

これから 新しい本堂を建てるために
今の本堂を 取り壊さなければなりません。

その間、ご不自由でしょうが 暫く
仮屋の方に お移り頂きます。

1刻も早く 素晴らしい 本堂を完成して
居心地の 良い お住まいに ご案内します。

どうか 無事に 本堂が完成し

私たち 一同、
工務店のみなさん 以下 関係者各位が
健康で 怪我が 無きように お護りください。

ほ本尊は 仮の宿に お入りになった。

【行く河の 流れは絶えずして しかも 元も水にあらず
淀みに いかぶ うたかたは かつ消え かつ 結びて

久しく 留まりたる ためしなし
世の中にある 人と 栖(すみか)と またかくのごとし】
方丈記 鴨長明

この世に 生まれ落ちて 死んでいく人たちが
どこから やってきて 何処に 去るのか

誰も 知る人ぞ ない。

今 必死になって 金を貯め、荘厳煌びやかな
家を建て、人から 羨ましがられても

ほんの 一刹那、まばたきをする ぐらいの
時間だ。

その仮の宿に すぎない家を
誰のため 苦労して建て
何の ために 小金を貯めては 微笑むのだろう。

国破れて山河あり 城春にして 草木ふかし…。

私たちの 栄耀栄華など 3代もたてば
誰も知らない。

そんなことに 現を抜かすよりも

生かされている 僅か 瞬きをする短い 時間、
怠惰な 時間を費やさず

慈悲の心と 方便の羂索なもって
互いに 助け合って

楽しい しあわせな 日暮らしをする。

ウンと 目をつむったときに
『しまった、しくじった。
もう一度 最初から やり直したい』と、

後悔のないように 1秒 1刻を大切にして
生きて行きなさい。

お運びしている 本尊が そのように
諭してくれているような 気がした。
合唱

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。