スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【私たちは 人の欠点は 見えても 自分のは みえにくい】

131110-1写真
131110-2写真
何十年も 慣れ親しんできた本堂が解体され
視野から 消え去った境内を見て
息を呑み 呆然と たたずむ 参拝者。

その 姿を見て 住職が ポツリと いった。

『檀家の方、お遍路さんは 勿論のこと
業者、郵便、宅配の方に 至るまで
快く 迎え 気持ち良く帰って頂くように
寺内 一丸となって 心がけなければ
いけませんね』

『急に 心境の変化が あったの ? 』

『本堂 再建を 悲願として 日本全国を
回らせて 頂いていますが
涙と共に、手を取り合ってくれて
こちらが 熱いものがこみ上げてくるような
激励を 受けることも あります。

反対に 迷惑千万と 牛馬の如くシッシッと
追い払われ 惨めな 思いをすることがあります』

『あるね~。
ジジも よく 帰れ クソ坊主 ! と、追い出されるよ』

『人のふり見て我がふり直せ では ありませんが
お宅を 訪ねたときの 喜怒哀楽を 考えたとき

悪気があって そう しているのではなくて
忙しいときに 業者の方が 来られた時、
つい《そこに 置いておいて》 と なるわけです。

その時の 彼らの 気持ち、
どんなのかなあ…?
そんな 事を 考えるように なりました。

どうして おつかれさま、お茶の 一杯でも…
そう言えなかったのだろうって』

釈迦の 教えが ある。

【他人の 過失は 見えやすいが
自分の 過失は みえにくい】

わたしたちは 人さまの 間違い 欠点 悪事には
すぐに 気がつき
やれ 笑った 怒った 滑った 転けたと
うるさい程、指摘をして しまいがちだ。

間違いを 指摘したことで 彼よりも上だと
優越感に 浸れるからかも しれない。

ところが だ。
自分の 間違いや 欠点には
気が付かないばかりか

人さまに 指摘されるのを 極端に嫌い
恐れる 癖をもっている。

それでは 自分自身は 全く 成長しない。
自分自身の 悪かったことに きずき
其れに 正面から向かい合ってこぞ

成長が はじまるのだ。

住職も 代替わりをして 5年目。
苦節を 重ねた精も あってか

人間的に ものすごく 成長したように おもう。
合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。