スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ごめんね、の言葉に 優しく 許す心を】

131123-1写真
久しぶりに 檀家の 法事にいった。

住職も他の法事があり
お施主さんが 私の同級生で
『年寄りのほうに 頼みたい』との事で
お参りが きまった。

お家に 上がるか 上がらない位の ところで
学校の先輩だった方が 小声で呟いた。

『本堂の 寄付、まだ してないけれど
寺に 持って行くからな。
遅れて 悪い 悪い』

お斎の段になって 法事の施主の方も
同じことを 言った。

なんか 心のなかに あったモヤモヤが
無くなって 今日の 秋晴れのように
晴れわたって いるのだ。

重要な事でも 1つ 1つ 解決していれば
そう 心に 残ることはない。

解決して いないことは 端々の
なんでも ない事が、胸に 残ることがある。

大笑いの 話がある。

15~20年も 前の話だ。
100人ぐらいの団体で スリランカにお参りをした。

タイ空港で 時間待ちをして 乗り換えた。
時間をもてあまし、先に日本のお土産をと
交渉に かかった。

その頃は ジジも 若い。
団体長が ゲーム感覚で 値段のやり取りを
しているのを 面白がって
大勢の 団員さんが 取り巻いた。

満座の 中で 金額が 決定し
これを スリランカまで 持ち歩くのも
大変だから 帰りに 貰うことに なった。

楽しい スリランカ参拝も 終わり
タイ空港への 帰路に ついた。

……ところが、だ。

『あなたも覚えているし あの話も分かっている。
しかし、あの時と 今と レートが違う』
と、なったわけだ。

『それは おかしい。
ここにも 書いたものが あるし
約束してから まだ 1週間も 経っていない』

また、野次馬が 『なんだ』『なんだ』と、
取り囲む。

結局
『法主さま、買うのを やめなさい。
こんな 嘘つきとは 売買の 交渉もできん ! 』

『そうだ ! 』『そのとおり ! 』

あの~ 。
売買しているのは 私なんですけど…。

とうとう 買わない 方向で 進み
日本への お土産が パーに なった。

もっともっと重要な事が 我が心から消え去り
こんな くだらない事が 心に残るのだろう。

檀家の 1部の方に しても
タイ空港の 売り子さんに しても

金額や 品物 云々よりも
その人の 心が 寂しかったのだ。

『ごめんね』

この 1言で 100年来の 怨念は 吹き飛ぶし
今まで 考えもしなかった絆が 結べる。

重要なことは 勿論のこと
くだらない 事でも
いち早く 修復を 試みることだ。

【謝る】
それに 対して
【許す】

これが、心の モヤモヤを 吹き飛ばして
この 秋晴れのような からりと晴れた
しあわせを 掴む 原点だろう。

一緒に スリランカ参拝した 団員さんが 言った。

『法主さま。
あの お土産の 金額の相違は 500円です』

『え~ ?! 』
合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。