スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【気がつかなかった。私、こんな顔をしていたの?』

131222-1写真
『ソフトクリーム 6つ くださいます』

わーい と、孫たちが両手を広げて
喜ぶ姿が 目に浮かぶ。

『ジジさん、恥ずかしいですよ。
一体、だれが 見ているか 分からないです』

『なーに 悪いことをしているのならば
ともかく、いい事を しているのだから』

家内の 忠告も 聞かずに
滴り落ちる ソフトクリームを 手に
僧衣を纏った おじいさんが
やっと、お家に 辿り着いた。

『わーい 』

孫をはじめ 一家で 年寄りの訪問を喜んでくれた。

ところが 僧衣を纏った年寄りが
どこで 幾つ ソフトクリームを 買って
滴り落ちるのを 大切に 抱えて歩いたか
みんなは 知っていたのだ。

学校の 先輩が ジジを発見し
誰が 何を どうしたか 逐次 メールで
やり取りを していたのだ。

昔 【魔法の 鏡】という 題で
お話を したことが ある。

好い事を することは 素晴らしい事だ。

笑顔を 絶やさず 笑う門には福来たると
そのつもりで 接しているつもりで いる。

ところが 【魔法の 鏡】を とっさに見せられた時、
自分自身、ビックリ仰天する。

『仏様のような顔を 絶やさずにと思っていたが
【魔法の 鏡】を 見るまでは
こんな 疲弊した 仏頂ズラとは 思わなかった』

【仏の 弟子は 常によく 目覚めている
夜も 昼も 仏を念ずる】

夜も昼も 仏を念ずるということは
どんな時でも 仏をわすれず
常に お縋りをする 心を 忘れていない
ということだ。

【阿字の子が 阿字のふるさと 立ち出でて
また立ち返る 阿字のふるさと】

有名な 御詠歌で 少し観点がずれるが

尊い
仏様のお心は 真心を持ってお縋りすれば
365日 24時間、
いつでも どこでも 聞いてあげますよ
と 言っておられる。

そして 私たちも 365日 24時間
仏様に 見守って頂いて いるならば
決して 仏様が悲しむような

考えを 起こしてはならない。
行動を 起こしてはならない。

ジジも 良かれとおもって したことが

かえって
後ろ指を刺されることのないように
気を 引き締めて 日暮らしを しなければ
ならない。
合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。