スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【頭で 考えるだけでは駄目だ。実際に体験しよう】

140210-1写真
思いがけない大雪で 小豆島霊場子安観音寺
境内に立つ 稚児大師も 全身に雪を被った。

『ワア~ 雪、きれい ! 』

はしゃぐ 孫を尻目に 大人たちは渋い顔。

平地で これだけ 積もっているのだから
お山は 1尺を 超えている。

【♬ 鐘が なるなる お不動さんに
ちらりほらりと あの 遍路笠
そうて うれしい そうて うれしい 初参り】

春参りの 遍路が 参拝するまでに
【恵門の不動】と【山ノ観音】の
雪掻きを せねば ならぬのだ。

どちらも 山坂 18丁の 道のり。
15丁目までは 雪掻きの車が 来てはくれるが
主道路 優先で 遍路道は 順番が遅い。

寺内 総出で 雪掻きをしていると
家族での 参拝者と 出くわした。

雪掻きの途中で 全員徒歩で参拝しているのだ。

『雪かきですか ?
私たちのために ありがとうございます』

『車が 通れなくて 申しわけありません。
もう 少しなんですが …。
子供さんや お孫さん 徒歩は 大変でしょう』

『いや この子達は 自分で体験する
お勉強を させて頂いているのです。

どうすれは どれくらい 痛いか 苦しいか?
どうすれば どれくらい 楽で うれしいか?

昨今、少女の誘拐が頻繁に おこなわれます。

誘拐された方が どれ位、精神的 肉体的に
傷つくか 体験したことがないから
自分の 目的を果たすために やってしまう。

暴力も イジメも 体験してこそ始めて分かる。

この 山路を 自分の足で 1歩 1歩
雪を踏みしめて登ることによって
人の 痛みの分かる 心根の優しい子に
育ってもらいたい。

その 一心ですよ』

そう 言い残して 一同は 雪深い参道を
登って いった。

空海も いう。

【但だ 恨むらくは
高山深嶺に 四禅の客 乏しく
幽藪藭厳に 入定の 賓稀なり】

唯一 残念に思うのは
深い山に籠って 【行】を 行うもの少なく
深い森、険しい岩場で 行づる人も
数 少ないと いうことだ。

空海の 教えは 仏典や経典を 深く勉強し
理論的に 納得することと

釈迦の 教えや密教を
野山や 海や 岩場で 実践する ことだ。

釈迦の 教えを 継承するためには
深山霊地に 修行のための 道場が必要だ。

ゲーム感覚で 頭で 考えるだけでは駄目で
実際に 体験してこそ 人の 痛みが分かる
人間に なる。

スコップを持ち 雪深い遍路道を進む
家族を 見送りながら そんな事を
思い出した。
合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。