スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【物が 栄えたり 衰退するのは その人の 心次第】

140214-1写真
【国破れ山河あり 城春にして草木ふかし】

万物は 常に 変化する。
昨夜の 栄誉が 今日の 荒廃につながる。

ジジの寺の 本堂の屋根が 吹き飛んだのも
小豆島霊場 参拝の減少も
ジジの努力不足であり 不徳の致すところだ。

空海が このように 言われている。
ジジにすれば 大変 耳がいたい。

【物の興廃は 必ず人に由る
人の昇沈は 定めて道に あり】

京都 洛南高校って 知っている ?

そう。
東大合格も 全国 きっての 名門校だ。
その 関連大学に 種智院大学が ある。

その前身に空海が 一般庶民のために作った
【綜藝種智院】がある。
日本で 始めての 私立学校だね。

その開校式に 訓示した 言葉だ。

物が 栄えるか 荒廃 (衰退)するかは
人々が 力を合わせて
志を同じくするか 否かに かかっている。

そして それに 関わる人たちの
【人柄】【能力】【智慧】【努力】(運不運】
に よるものだ。

その人が 人の歩むべき道を
歩んでいるか 否かであえる。

定めて 人の道にあり
社会で成功するも 成功しないも
全ては その人の 生き方 歩みかたにある。

私たちの生き様 (現在の日本 いや世界中の人)
道に 沿って 正しく歩んでいるかだ。

【道】
おさめる。正しい。みちびく。おしえる。
たすける。精進する。

道という 1文字でも これだけの
選択肢が あるね。

今日、1週間ぶりに 2度目の 大雪となった。

寺内とすれば 全 職員が 毎日 出仕して
やっと 参拝の お遍路さんが
難なく通れる道になった ところだ。

『もう いいよ 』
が、心情だろう。

ところが 弘法大師 空海の 霊地
【小豆島 八十八カ所霊場】に
鈴の音も高らかに 大勢の 遍路が 後を絶たない。

参拝して 雪 一色の 銀世界をみて
参拝するにも できず 失望して かえるか

一色の 銀世界の 中、
1本の 参拝道が 作られていて

その 職員のかたの 苦労を 喜びながら
『ああ、これも 人の道だ。良い お勉強になる』
と、報恩歓喜で お帰りになるかの
違いなのである。

前例は 『小豆島には もう 参拝しない』
後例は『ありがたい ところだ。友人も 誘って
これからも 是非 お参りさせてもらおう』
との 境目なのだ。

私たちは 共に助け合いながら 成道を歩んみ
世のため 人のために 尽くさなければならない。

それが 物が栄え、心が栄える 根本であろう。

雪は 無慈悲にも 降り続いている…。
合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。