スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【不撓不屈】

ソチ 五輪の 選手が 帰国した。

成田空港は 報道陣や 大勢のファン
1000人が 出迎えた。

そんな中で『わたしの 集大成を』と
話題になった選手は
金や 銀の メダリストを差し置いて
海外メディアの インタビューを うけた。

彼女は 2度目の演技が 終わったとき、
人目も 憚らず 涙をながした。

14~5歳で スケート界で 名前がでて
その重圧に負けずに 今日までやり遂げた。

本人にしか分からない 万感の
涙だったんだろうね。

世界の メディアは【世界一 美しい 涙】
と、報じた。

彼女は 開口1番 『昨夜の 失敗で 今日を迎え
《不安》や《恐怖》が あったが
メダルには 届かなくて それが 悔しいが
自分の 目指していた 演技ができた』
と、ハツラツと 語った。

【世界一 美しい 涙】に 関しては
『ショウトプログラムで 失敗して
自分の気持ちが どん底まで落ち込んでいた。

ホッとしたのと 嬉しさのあまり
昨日の気持ち 《不安》《恐怖》が 消えた。

空海も 万感 胸に迫った事を 綴った。

【中冬 霜 寒し】

季節は 冬の中でも 1番 寒い この頃。
霜が 無情にも 寒く降りています。

空海の 48歳の ときの 書だ。

遣唐使の 1人として 入唐したとき
【密教】を授けて いただいた時、
いろんな 宝具を 持ち帰ってきた。

その時の 【曼荼羅】が ある。
20年の 風雪でとても 傷んだので
朝廷の援助や 多勢の 善男子善女人の
寄進に よって見事に 修復された。

1幅の 修復された 曼荼羅を見ていると

唐から 帰ってから
高野山を 根本道場として
真言密教を 全国に広めるがため
寝食を忘れて 東奔西走した
日々が 脳裏に 去来する。

何事かを なし終えた 達成感とともに
斗藪殉道への 思いが再び空海を 捉える。

只々 涙 溢れるばかりだ。

それは アスリートにも 同様の
心が あった。

『自分の 強い意志で 諦めないでやれば
良いことが ありますよ』

本当に 斗藪殉道の 心だね。

現役 続行か? と聞かれると
『ハーフ ハーフ 』だって。

1日も 長く続けて 我々 大衆を
魅了する 演技を見せて貰いたいものだ。
合掌
140227-1写真
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。