スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【今宵会う人 また 美しきき あなたの心も 私のこころも】

鶯の鳴き声と共に 小豆島に1枚の写真が届いた。

芦屋で サプライズの 誕生会が あった。

孫たちには それぞれ
父方 母方の 爺さん婆さんと 共に
もう1人の 爺さんが いる。

『コニ 爺』だ。

彼は 某テレビ局の 役員までつとめ
ジジの 長女も お世話に なった。

卒業後も ヨット、山登り、スキー、麻雀と
青春を謳歌し 友人も 大変 多い。

それと共に ジジの 子供や 孫たちを
本当に 親身になって 可愛がってくれる。

子供たちを何度も 病気に連れて行ったり
ママが 用事のある時は
孫たちの 面倒を みてくれたり。

誰が 言い出したのでは ない。

ファミリーが 本気で 口に出る
『コニ爺』なのだ。

この日は 孫の ピアノの 発表会があり
ママの 兄弟姉妹や 友人を はじめ
コニ爺も きてくれた。

その流れで みんなで ディナーに行った。

ところが テーブルに着くと
ハッピーバースデーの 曲とともに
誕生 ケーキが 運ばれてきた。

なんと 今日は コニ爺の 誕生日だったのだ。

お店の人までを 巻き込んでの
サプライズ だったのだ。

突然のことで 何がなんやら 分からずにいた
コニ爺の 周りで
あちらの テーブルも こちらの テーブルも
みんなが 立ち上がり
ハッピーバースデーの 合同唱歌と なった。

コニ爺から 小豆島に 喜びの電話が あった。

【松厳の下、白雲の 人を想う。
秋月 ひとたび押して 春花 再び 開く】

高野山の
風雪に耐え抜いた 松の木の生えた
巌の うえで 座禅をくんでいる 私は

空に 浮かぶ 白雲をみて
あなたの 事を 思っています。

秋の 月が とっくに 過ぎ去ってしまい
高野山の 山々にも ウグイスの声が
囀り わたり
もはや 春の花が 咲こうと頭を擡げています。

わたしも 膨らみかけた 梅の枝に とまり
春を告げている ウグイスを みて

想いを 白雲に託して
遥かとおい コニ爺の 事を 思っています。

やがて ご自宅の 周辺が
桜並木で ピンクにそまり

今宵会う人 また美しき

お花見をする人々で
多勢の 人たちが 右往左往するだろうと。
合掌
140228-1写真
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。