スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【私たちの 執着心は 100円もてば 200円 欲しくなる】

あっという間に 弥生を迎える。

いくら 減少したと雖も
小豆島の 聖地の あちこちで
鈴の音が 響き渡る。

お遍路さんが かこち顔で 話す。

『島 只、1ヶ所の 病気封呪 専門道場の
【山ノ観音】で 娘が 祈祷を 受けました。

生死を 彷徨ったあげく
99%の 確立で 危うしと言われていた
生命を 取り戻すことが できました。

只、残念なのは 完治したわけでなく
重い後遺症が 残ってしまいました。

今度は その 後遺症を 治して貰おうと
参拝して まいりました』

ジジが 先達に 話す。

『娘さんが 絶体絶命の 時に
ご本尊さんに どのようにお願いをしました ? 』

『どのような 姿でも いい。
どうか 命だけは 取りとめてください と』

『それ ごらんなさい。
ご本尊は お約束を 果たされました。

重い後遺症が 残ろうが
常に お嬢ちゃんの お顔を見て上げられて
良かったでは ありませんか』

私たちの 【煩悩】は とどまるところを
しらない。

【欲望】は 不思議なもので
際限なく 次から 次へと 湧いてくる。

1万円冊を 富士山の高さまで積み重ねると
それだけでは 満足できず
エベレストの 高さまで 積み重ねたくなる。

課長になれば 部長に
部長に なれば 社長を 目指したくなる。

私自身が どれくらいの 存在であるかを
自身で 知っていなくては いけないね。

先達さんとの やり取りの 選択肢として

『お気の毒な ことでした。
せっかく 頂いた 生命、
どうか 快癒しますように
ご本尊さんに お願いをしましょう』

と、いう 事も 出来る。

しかし 本人が 心から
【煩悩】を 払いのけない かぎり
いつまで たっても 不平不満が 湧いてくる。

娘さんの 顔を 感謝の気持ちで
見れるように なった そのとき、

『娘さんの快癒のために
命がけで 参って 来られている。
わたしも 一生懸命に お願いしますから
あなたも 心から 手を合わせて くださいね』

と、なると
参拝の 意義もあり
澄み切った 空、透きとおる海のように

清々しい 看護が できることだろう。

たった今からでも
娘さんの 快癒の お願いを しなくては。

昔のように 笑顔を 取り戻して
欲しいが ために。
合掌
140303-1写真
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。