スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【肉眼】と【心眼】

この頃は いろんな物が便利になっているね。

お風呂 1つにしても ワンタッチで湯がわく。
先日 住職と 話したことだ。

『お風呂は ワンタッチだったかなあ ? 』

『いやいや 老僧と 一緒ですよ。
お湯は 湧きますが 油断をしていたら
湯が 溢れてしまいます』

『それにしても 喜ばなければ ならないね』

今でこそ お湯が沸き 快適な風呂に入れるが
少し 前までは 所謂【五右衛門風呂】で
交代で 焚口にすわり 火を足していた。

当時は 住込みの方が 20人ぐらい いて
お湯を足しながら 順番に 入るのだが
最後の方は 本当に 可哀想だった。

『あなたは 烏の行水で 早いですね』

いろんな 方に よく 言われるが
みんなが 後に 入る人のことを 考えて
手短に 入っていた 名残だろう。

トイレでも 何もしなくても
自動的に 蓋が開いたり 閉まったり
水が 突然流れだす。

私たちの 時代には トイレと 水との
接点が 全く 考えられなかったので
最初は 驚いた。

駅や デパートの トイレに入ると
奥の方で
何度も 何度も 水を流す音が 聞こえたり
ペーパーを 取っているんだろうね。

ネズミでも ハムスターでも顔負けするぐらい
カラカラ カラカラ 音をたてている 人がいる。

その スピードが 速い。

『あれ きっと キチンと 畳んでなくって
団子に なっているんだろうが
どうして 使用するんだろう ? 』

なんとなく 釈然としない 気持ちで
トイレを でる。

関係ないが 普通は 1まき 2まきと
4まきが 適量で キチンと 畳んで使うんだって。

風呂で 湯水のごとく 水を 使う人
トイレでも 水や 紙を 使い放題

電車で 靴を履いたまま
前の シートに 足を かける人。

『あの ポーズの ほうが 疲れるだろうに。
まさか お家でも
あんな事、やっているのだろうか ? 』

文化が すすみ 快適な生活が 進む 反面、
私たちは 心を 失っている。

私たちが 勉強した
【四諦】【八正道】から みても

十善戒の 【不殺生】を 考えても

高野山の 管長猊下が いつも いわれている
『限りある資源を 大切に 使おう』という
お言葉からみても

残念ながら 全て 反している。

私たちは 物を 自分の 目で見ている。
それを 心で みましょうという。

みるのは 【見る】でなく【観る】なのだ。

そして その心と 行動が
お観音さんの 【慈悲】なのである。
合掌
140405-1写真
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。