スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【花まつり 天上天下 唯我独尊】

孫が 生まれて丁度 1ヶ月過ぎた。

卯月の 八日。

釈迦が誕生した日で【花まつり】【灌仏会】と
仏教徒は 誕生を 讃えるお祭りをするが
キリスト誕生の クリスマスのような
国民を あげての お祝いは ないようだ。

【小豆島大観音】では お釈迦さんの 像に
一年を通して 参拝された 方に
甘茶をかけたり 飲んで頂いたり している。

【小豆島霊場 子安観音寺】では
1ヶ月後の 5月の8日に 花 一杯に飾られた
おすや の中に お釈迦さんをお祭りし
甘茶を かけては 容器に入れて
持って帰って いただいている。

寺の 真下に 小中学校が あり
ジジの 子供の頃は 地区の皆さんは勿論、
甘茶を頂く子供たちで ごった返したものだ。

そもそも お釈迦さんは 紀元前500年、
今を去ること 2500前に ルンビニーで 生まれた。

仏教の 四大聖地の 1つとして 有名だが
1997年に 世界遺産 ( 文化 ) に 登録され
現在、丹下健三先生などが中心となって
大規模な 発掘が 行われている。

ルンビニーは インドというより
ネパール国の中に あり
首都の カトマンドゥから 小京都の ポカラを経て
インドよりに 南に下った所と言った方が
よく分かるだろう。

釈迦は 母親のマヤ夫人が実家でお産をするために
通りかかった 花園で 生まれた。

甘露の 雨が降り注いだというから
万来の拍手の中で 生をうけたのだろう。

スックと 立ち上がって 7歩 歩き
右手を 高く 天空を指し
『天上天下 唯我独尊』と、声高々に 言った。

『この世の中で 私は 1番 尊敬される人である』

大変 傲慢なような 気がするが
ジジなりの 解釈を してみよう。

スックと立って 7歩 歩いたのは

私たちは 地獄 餓鬼 畜生 修羅 人間 天界と
【六道を 輪廻している】のだが
ちょうど 1周回って
新たな1歩を 踏みだしたと いうことだろう。

『あの人は 品行方正で仏さんのような人だ』

『あの極悪非道な 人間は きっと
地獄に 落ちるであろう』

日常生活のなかで 私たちは
その人をみて 心の中で点数をつける。

本来は 空海が 最終目的としている
【相互合掌】【相互供養】は
お互いが お互いを 尊敬し合いましょう。
拝み 合いましょうだから

極悪非道な人たちは
尊敬しあうことも 拝みあうことも
感謝しあうことも ないわけだ。

心も 身体も
仏さんのように 澄みきった 人たちが
お互いに 合掌しあうのである。

だから お釈迦さんの
【天上天下 唯我独尊】も
私1人が 偉いのでなく

仏さんと 同じ 心を持っている
わたしも あなたも 共に 素晴らしいのだ。

ともに 助け合い 思い会い
手を取り合って いきましょう。

独り合点で 間違っているかも 知れないが
釈迦は そのように 思ったとおもう。

そして 生後 1ヶ月の 孫も
隣の人から 尊敬され
自分も となりの人を 尊敬する

そんな 人間に 育ってほしい。
合掌140410-1写真
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。