スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【わたしたちは 善悪 2つの 心を持っている 歎異抄】

140713-2写真

140713-1image.jpeg

【拉致問題】を解決すべく
政府が 努力をしている さなか
日本海に向かって テポドンを射ってきた。

勿論、政府は 直ぐに遺憾の意を表明した。

東シナ海でも領有権をめぐって
あちこちで 紛争が起こっている。

尖閣諸島でも そうだが
付近の 海底油田の 存在を知ってから
急に 所有権を 主張しはじめた らしい。

世界を 見渡しても
煩悩 渦巻く 娑婆の世界、いろんなところで
いろんな揉め事が起こっている。

テポドンにしても 実力行使をしている国も
相対する 国からすれば 極悪非道な行為だが
自国の国民からすれば 英雄であり
拍手喝采ものである。

【善悪の ふたつ総じてもって 存在せざるなり】

親鸞は [歎異抄] の中で このように言っている。

なにが 本当の [善]で なにが 本当の [悪]であるか
わたし、親鸞自体 全くわからない。

わたしたちの 心の中は [善] と [悪]とが
同居している。

そして 同じ 物事が 起こったとき、
ある人は 絶賛し、ある人は 涙をながす。

確かに 親鸞が 申すように
善悪の 不確かさは ある。

しかし わたしたちの 日常生活で
なにが [良き 行いか]
なにが [悪しき 行いか]

善悪の はっきりしたものが 殆どだ。

決して 自分が
人にされて 嫌なことは 人には しない。

その 人の 気持ちになって 対応する。

塵が 落ちていれば それを 拾う。
席を 交代してあげる。
優しい 言葉を かけてあげる。

軍艦を動かすような 大きなことではない。

自分の 隣で 起きている ささやかな出来ごと。

思いやりの 心を持ち
慈悲の 心で 対応する。

それが 【慈悲の 心 】
お観音さんの 心である。


ありゃありゃ !

親鸞を 勉強しようとして
また 空海に なってしまった。

無理なのかなあ。
合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。