スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【因果応報 良い出来事は 過去の 善行の おかげ】

『この お金、本堂再建の 一部に つかって』

友人が 【小豆島霊場 第80番子安観音寺】
基礎工事が終わり 愈々 柱を建てはじめようとする
本堂を 見上げながら 言った。

『もう 1人の友人には 了承を貰っているから』

140726-1写真

写真.JPG








完全に 忘れていた。

20年 以上も前に なるのだろうか。
『海外の お寺に お参りにいきたいね』

単純な 発想から 3人の預金は はじまった。

それから
わたしは【小豆島大観音】建立が忙しくなり
もう 1人も 新規事業で 繁忙を極めるようになった。

言い出しっぺの 友人は その後、島を 出た。

完全に 忘れていたことでは あるが
塵も 積もればで 有難い まとまったお金だ。


わたしの 子供のときには こんな話がある。

あの頃は 3日に 1度ぐらいで
親から 5円の おこずかいを 貰っていた。

当時の 1円は 大きな丸い 飴玉が2つ貰えた。
5円で 10個だ。
ある日、それが 1個 1円になり
突然の 倍には 驚いた。

その 頂いた5円を 無駄ずかいしないで
毎回 銀行に 走っていたのだ。

何度も 書いているように
先代は 3度も 本堂を焼き 生涯に3度、本堂を建てた。

1軒の 民家を建てるのでも 大変なのに
余程の ご苦労だった 事だろう。

【金の ありがたみ】

子供ながらに 分かっていたのだろうね。

なんと 小学校を卒業するまでに
6000円 ちかくも 預金できた。

[むらがき かずゆき] と 書かれた よれよれの
預金通帳は 今、宝物として とってある。


140726-2image.jpeg

image.jpeg








[教行信証] の 1節に このように ある。

【 たまたま 行信を 得ば 遠く 宿縁をよろこべ 】

思いがけない 真実の行と 信心を 得ることができたら
遠い 昔の縁に 心から 感謝しよう。

【因縁】とは 物事を 生じるのは

直接の 原因となる【因】と、
間接的な条件となる【縁】が
さまざまに 絡みあって 起こる結果である。

【因果応報】とは、
現生の 幸不幸は 過去の行いが【縁】となること。

しかも 仏教では 【輪廻転生】で
現生に 善行を積めば 来世は
素晴らしい 宿縁が 約束されていると ある。

『本堂再建に これを 使ってください』との
思いもせぬ お金も、

5円を 頂いては 銀行に走っていたのも
以前に 素晴らしい 積得が あっての結果である。

親鸞は その仏縁を 当然の如くと
当たり前として 取るのではなくて
善行に 感謝をして 頂きなさいと いう。

みなさんも すっかり忘れていた
ヘソクリが 何かの拍子に 手に戻ってきたときも
【宿縁】に 心から 感謝を してくださいね。
合掌


ーiPad





から送信
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子安観音寺

Author:子安観音寺
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。